伊那街道 田口〜玖老勢

2013年12月24日

前回10月30日に豊橋付近の小坂井付近から東海道と分かれて伊那街道に入りました。

その日は豊川稲荷、新城と歩いて、JR飯田線の三河東郷駅まで歩きました。

行く先は新城市、設楽町と愛知県を歩き、県境を越えて長野県の根羽に入ることです。

左の図で、前回は中央一寸下のJR飯田線、三河東郷駅まで来ています。

今回はその三河東郷から登ってくればよいのですが、目的の田口付近は車道でなく地道の旧道です。

冬で日が短いので、暗がりの山道や地道を避けようと、今回は上から降ることにしました。

目的の田口は設楽町で赤線と473号線が交わる辺りですが、そこまでバスで行って、そこから三河東郷に向かって降ることにしました。

距離は28キロほどです。朝6時半に家を出ても、飯田線の本長篠に着くのが9時20分頃、そこから豊鉄バスで田口へ着くと10時27分です。設楽町は遠いですね。

このバスに乗るのは顔見知りばかりと見えて、我々二人が乗り込むと、バスの運転手さんが「どこまで行くの?山登り?」と声を掛けてきます。同行は山仲間のWさんです。

与良木峠1949

上の写真が田口バス停前の道の駅みたいな施設でしょうか。
広くてきれいな公衆便所も隣接しています。

町民健康のためのウオーキングマップが看板になっていますが、これから歩く伊那街道の石畳道も出ているので参考になります。

バスの進行方向に少し歩くと左側に関谷酒造の工場があり、そこを左折していくのが伊那街道のルートのようです。

                     与良木峠0014

与良木峠0015与良木峠1956

上の写真が左折場所から見た関谷酒造の工場です。銘柄は蓬莱泉だったと思いますが、他に「空」とかあったような。

この時点で10時36分でした。
もう少し行くと伊那街道の案内も出てくるのですが、この辺ではないので一寸迷いました。

与良木峠964

この辺からが伊那街道の入口のようですが、前述のウオーキング道ともなっています。10時50分頃です。


入っていくと道端に石仏があったりして街道の雰囲気が漂います。でもまだ舗装道路です。入って5〜6分で石畳の道が右に舗装道路から分かれます。
ここからは地道になります。

与良木峠967 与良木峠970 与良木峠972
道端の石仏 石畳の道入口 石畳

10時57分、石畳の道の入口がありました。古い石畳で、いよいよ伊那街道ですね。
でも歩く人も少ないのか、殆ど踏まれていないし荒れ放題です。数年すると通れなくなるかも知れませんね。

与良木峠976 与良木峠980 与良木峠983
大曲付近 道は荒れ放題 沢沿いの道

石畳の入口から20分ほど歩くと、左側上に国道が見え、道は沢筋になります。
ところが道は堰堤に遮られて消えています。恐る恐る堰堤の向こうを覗くと、越えれば歩けるようなので、堰堤を越えました。

与良木峠987 与良木峠989 与良木峠995
堰堤を越えた所 明るい沢筋で左折 大きな沢沿いの道

更に10分ほど沢を下ると広い川に合流しました。豊川の上流です。ここを左折して川沿いに進みます。
合流地点から更に10分ほど歩くと国道に出ました。11時42分でした。田口から丁度1時間ぐらいですね。

与良木峠997 与良木峠998 与良木峠001
国道に出る 国道から振り返る 五道の石仏群

国道側からの入口には伊那街道の案内があると聞いていたのですが、釣り場入口の看板しかありませんでした。
バス停の五道がすぐ近くにあり、過ぎると道の山側に石仏群がありました。いろんな石仏があり、そのすぐ横には名号碑のようなものもありました。
川の中にも小さなお堂があり、お世話されているようでした。

与良木峠005 与良木峠006 与良木峠014
川の中にも 与良木峠への道は街道の面影 道の上に○○坊とかのお堂が見えた

清崎の信号の手前を左折し、野々瀬川を渡って右折していくのが与良木峠への道です。この辺り、旅籠跡があったり常夜灯やお堂があったりして街道の面影残る気持ちのよい道です。時刻も12時ごろで昼食の時間ですが、与良木峠辺りで昼食にしたいので、少し歩くことにしました。

与良木峠0016与良木峠へは現在車の道が有り、トンネルができていますが、昔はトンネルの上を通っていたはずなので、その道を探そうと思っていました。

車道が大きく蛇行するあたりに峠方向に道があり、入りました。

与良木峠046

どうも森林の作業道だったようで、次第に道が荒れてきました。
そしてついに消えてしまいました。

与良木峠017

まあしかし、すぐ上に稜線も見えているので、強引に稜線まで登ることにしました。苦闘10分、12時34分にようやく稜線に辿り着きました。

与良木峠018 与良木峠019 与良木峠023
稜線が見えている 稜線に辿り着いた 現在の与良木峠の中央には電柱

GPSで見ると、与良木峠より少し東の稜線に登りついたようです。車道をもう少し進んでから道があったかもしれません。
取り敢えず稜線を少し西に歩いて与良木隧道の上に出ました。そこはど真ん中にコンクリートの電柱がある無粋な峠でした。
わずかに馬頭観音の石碑があったのが救いでしょうか。12時40分頃です。

与良木峠020 与良木峠025 与良木峠027
峠の馬頭観音さま すぐ下には車道が 本来の与良木峠の石仏群を目指す

ここで昼食と思ったのですが、一寸気分が乗らなかったので、旧道を辿ればあるはずの、本来の与良木峠を探すことにしました。
東の方向に良い道があり、これを辿ればあるはずと歩きました。10分で石仏群のある旧与良木峠にでました。感動の一瞬です。

与良木峠028 与良木峠030 与良木峠036
与良木峠の石仏 三十三観音 役の行者かな

昔はここに御茶屋も2軒あって賑わったと説明がありました。ここで気分良く弁当が広げられました(笑)。

与良木峠037 与良木峠047 与良木峠051
ようやく昼食 宇連山や鳳来寺山方向かな 連谷小学校付近

弁当を広げたときにはもう12時55分でした。一寸30分ほど予定より遅れているようです。
20分弱の休憩で出発しました。周囲にはまだいろいろ石仏があるようです。歩き始めるとすぐ人家が見え、展望が開けてきます。
急坂を降ると20分で連谷小学校付近の仏坂峠からの道が合流してきます。
清水川沿いに少し歩いた後、川を渡ります。

与良木峠054 与良木峠057 与良木峠060
清水川を渡り松下へ 間違えた道を修正、坂を登る 奴田畑付近

その後左岸を気持ちよく歩いたのですが、どこかで道を間違ったようです。平行する道の右側を歩いていたようです。
道が右にカーブして川をまた渡りそうになって気付きました。畑仕事の人に聞いて、海老小学校への街道を教わり、街道に復帰しました。
奴田畑という辺りに来ました。道端に「海老はち愛好会」と書かれた小屋があったので、ミツバチですかと尋ねました。

与良木峠061 与良木峠064 与良木峠068
地蜂愛好会 海老の集落に入ってきた 丁塚道の案内

いや地蜂、へぼとかクロスズメバチとか呼ばれる種類で、それの繁殖や巣のコンクールに出たりしているとか。
海老の集落に入ってきました。街道の面影一杯です。丁塚道という案内がありました。明治時代、中馬街道の時代、海老の子供たちは、ずらりと並んだ馬のお腹の下を潜って登校したと書かれていました。

与良木峠074 与良木峠077 与良木峠084
海老小学校の角の石仏 東泉寺の奥は展望台 旧道に入ったけど

川を渡って海老小学校に突き当たります。角の石垣の下に石仏があり、その脇を歩きましたが間違いでした。地元の人に聞くと、丘の上に作った展望台に通じる道だそうで、登って見て行けと薦められましたが固辞しました(笑)。この辺りで14時20分頃です。

与良木峠0017東泉寺というお寺の前を通ります。奥の上に展望台が見えます。
すぐ国道に合流しました。

塚島のバス停があり、そこから国道を10分ほど歩くと旧道が右に分かれます。

やれ嬉やと旧道に入ると、すぐ石仏と鳥居がありました。

与良木峠087

どちらの神社に向けての鳥居か知りませんが、立派な鳥居と石碑です。海老川を渡るとき、右手奥の崖にトンネルがありました。

与良木峠089

今は無き田口線と言う鉄道があり、その隧道だったそうです。今は車道になっています。

与良木峠088 与良木峠091 与良木峠095
旧田口線のトンネル 川が渡れない 逆から入ってみた

気持ちよく街道を歩いていると、国道から10分一寸で道が無くなってしまった。家の間を抜けて海老川の岸辺に出たが渡れそうにない。
旧道はここで川を渡っていたはずですが。諦めて国道に戻りました。20分以上のロスですが、まあ旧道を歩けたのでよしとしましょう。

国道に戻り10分ほど歩いて、先ほどの旧道が国道に接したと思われるあたりに来ました。それらしい道があったので、今度は逆から入って見ました。
壊れそうな木の橋を渡って、海老川のほとりにでました。先ほどの家のある対岸がみえます。

与良木峠097 与良木峠099 与良木峠100
さっき辿り着いた対岸が見えた 道は無くなっていた。 ここは右の旧道を行く

道はやはりなくなっていました。引き返して、石屋さんの前を右に旧道に入りました。15時10分、入るとすぐ石仏がありました。
この街道筋は本当に石仏や石碑が多いですね。

与良木峠101 与良木峠104 与良木峠105
あちこちに石仏がある 観音道とか彫られている 副川の寝観音への道

寒くなってきたので、一寸休憩して上着を着ました。10分ほど歩くと、今度は立派な道標が出てきました。○々観音道とか彫られていました。
近くに説明があり、副川寝観音入口とありました。有名な観音様のようです。ここから鳳来寺山へも登れるようです。
旧田口線の大石停留所を示す石標などを見ながら国道に出ると、大きな岩がでんと座っていました。

与良木峠113 与良木峠117 与良木峠120
三河の大石 法華十部塔とか 二つ鳥居

与良木峠0018三河の大石と呼ぶようで、この地方の呼び名「大石」の由来になっています。国道を横断して旧道を行きます。

この辺りも街道の面影残るよい雰囲気の道です.法華十部塔とかの石碑がありました。全国の街道沿いにはいろんな石碑がありますが、初めての石碑です。

三河の大石から10分ほどで二つ鳥居がありました。
神社は一つで鳥居が二つ。珍しい構成です。

以前、高野山の町石道を登ったとき有ったのを思い出しました。

後述のお酒屋さんのご主人に聞いた話ですが、二つの集落の氏神様が合祀されることになり、神社は一つだけど、二つの集落がそれぞれ自分の鳥居を立てたのだそうです。

二つ鳥居を過ぎて少し歩くと、海老川を渡る橋の袂に大きな石標がありました。字は読めていません(汗)。

15時55分に国道に出ました。玖老勢(くろうぜ)北の信号です。国道を横断して旧道を歩きます。

与良木峠125 与良木峠127 与良木峠128
橋の袂の大きな石標 玖老勢の信号 玖老勢の石標

10分弱旧道を歩くと玖老勢の交差点です。時刻は16時05分。一寸ここで悩みました。
バスはここで左の鳳来寺道に入ります。伊那街道は右なので、7キロ先の大海(おおみ)駅まで乗り物はありません。
距離は特に問題では無いですが、夕闇が問題です。ここで止めることにしました。また来ましょう。
前回歩いた三河東郷からこの玖老勢までの12キロほどが残りました。近いうちにまた来ましょう。

さて、玖老勢にも大きな石標がありました。左ほうらい寺道、右なんとかと刻まれています。
川向こうにお酒屋さんがあったので寄ってみました。寒いので熱燗のお酒ありませんか?というと暖めてくれました(笑)。

与良木峠131 与良木峠129 与良木峠133
お酒屋さん 店で飲ませてもらった 豊川稲荷での反省会

店内で飲ませてもらって助かりました。ご主人も出てこられて、いろんな話に花が咲き、バスの待ち時間はすぐでした。
帰りのバスも行きと同じ運転手さんでした。

本長篠から豊川稲荷に行き、名鉄に乗り換えました。乗換の時間に反省会はいつものことです。

三河東郷から玖老勢へ