根羽0伊那街道 知生峠・松坂峠を探して
根羽村〜設楽町田口


2014年1月27・28日

図の左下、豊橋付近の小坂井から右上の長野県根羽村を歩く旅も、大詰めに近寄ってきました。

過去3回日帰りの旅を行って、小坂井から新城を通り田口までを歩きました。

そこで今回は田口から根羽を歩くわけです。田口も根羽も陸の孤島で交通の便は悪いです。特に根羽はコミュニティバスしか無くて、夕刻根羽に着いても我が家には帰れません。

朝も我家からでは12時46分に着くのが最も早い到着です。
そこで今回は根羽を午後1時に出発し、折元峠を越えて津具まで歩く。
この間の12キロか13キロはバスもありません。

津具には民宿も無いのでコミュニティバスで田口に出て宿泊。
翌日9時のバスで津具に帰り、残りの15キロほどを歩くという計画を立てました。

このコースのポイントは次の4点です。

@折元峠は900mを越え、積雪や凍結のため峠から津具へ下る旧道は冬季閉鎖されるが、その旧道を歩きたい。

A知生峠を探して旧道で越えたい。

B松坂峠を探して旧道で越えたい。

C松坂峠の後、小松口バス停から田口も旧道を歩きたい。

以上ですが、ネットで探しても確実な資料や報告は見つからず、手探りの状態でした。

それと季節が冬なので、前日に大雪でも降ったら諦めないとしょうがないし、日が暮れるのも早いので4時半ごろには行動を終えたい。

こんな感じで出かけることにしました。
同行はいつもの山仲間Wさんです。

2014年1月27日(月)

早く出ても稲武から根羽行のバスが12時20分しか無いので、それに合わせて家を出て、東岡崎、足助、稲武とバスを乗り継いで、12時10分に稲武へ来ました。

根羽056 根羽059 根羽062
稲武バス停 根羽の県道10号線入口 向こうの平瀬橋を渡る

根羽1
稲武の待合室でお握り弁当を食べて、20分のバスで根羽村の役場前到着は12時50分位でした。

ここは過って飯田街道を歩いた時に何回か来た懐かしい場所です。
駅近くの酒屋さんで濁り酒を買い、今日の寝酒に備えます(笑)。

県道10号線へ平瀬橋を渡っていきます。13時05分ごろです。

根羽067

渡って少し歩いてから県道を離れ、右に旧道へ入ります。
新井という集落らしく、道端に新井の馬頭観音という石仏がありました。

この他にもいろいろ石仏が道端にあり、ここが旧伊那街道だっただろうなと思わせるに十分なスタートでした。

今回天気予報を見ると今日の目的地設楽町田口で、夜の気温はマイナス7度で、この根羽や津具、さらに標高の高い折元峠辺りは相当寒いなと覚悟しました。

でも先ほどの酒屋のおかみさんが、雪が無くて良かったですねと言ってくれたので一安心でした。

実際雪があれば、今日の行程もしんどいですが、明日の峠探しなんか不可能でしょうから。
それにしても山の清水があちこちで凍っています。

根羽070 根羽076 根羽079
黒体竜王の社殿が対岸に

1時半ごろ、再度県道と合流する辺りから、道路際の水はすべて凍っていました。
合流から20分ほどでお堂があり、対岸には黒体竜王の社殿と自然に岩をくりぬいた甌穴がありました。
甌穴も凍っていました。

根羽084 根羽089 根羽093
釜ヶ入の甌穴もしっかり凍っている 見事な美林 根羽cc入口

ところでこの辺りの森林は杉の造林地ですが、間伐や枝打ちがしっかり行われていて、見ていても気持ちの良い森林が多いですね。愛知県の林野部門の努力が偲ばれますね。14時20分に根羽カントリーの入り口を通過しました。

ますます寒くなって、流れ込む支流も全体が凍っています。

根羽097 根羽098 根羽102
谷川も凍っている。 檜原分教場跡 離山の大ナラと県境

根羽2檜原の分教場跡を過ぎ、長野県と愛知県の県境に着いたのは14時45分ごろです。ここに離山の大ナラというのがありました。

根羽104
10分ほど歩くと右側にキャンプ場と道の駅があります。

グリーンパークとか。

でも冬場で人影もなく閑散としていました。

我々も川を渡って入るのは億劫なので、左側のパターゴルフの休憩場で一休みしました。




根羽107
道の駅から10分ほどで折元峠です。

上を茶臼山道路が走っています。

標高も900mを越え、積雪を心配しましたが大丈夫でした。

ここから津具への下りの旧道が冬季閉鎖されています。
でも街道歩きはできるだけ旧道を歩く必要があります。

設楽3
根羽108
写真のようにバリケードが張られていますが、隙間から潜り込みました。

道は舗装された立派な道ですが、確かに相当な急坂です。

積雪があった場合、車はスリップして事故多発が予想されるので、冬季閉鎖は適切な処置でしょうね。

しばらく下ると右側にアマゴ?の養殖場がありました。

根羽112
この辺りに中馬の伝言石というのが有って、

「海老の○○旅館には気を付けろ」

とか書いてあると本で読んだのですが見当たらず通り過ぎてしまいました。

25分ほど下ると集落に出ました。ふと後ろを振り返ると石段があり、見上げると役の行者の石像でした。


日本全国どこへ行っても役の行者が開いたという山がありますねえ。


根羽114 根羽118 根羽120
行者像 何の像だったか カヤの樹だったかと石仏群

この辺り「行人原」と呼ぶそうですが、道端にいろんな石仏があります。
16時には峠で別れた新道と合流し、その追分に大きな石の道標がありました。

根羽126 根羽125 根羽127
新道との合流点 合流点の石標 また石仏群

石標には左折元峠とか刻まれているようでした。他にもいろんな石仏群がありました。
津具という集落も、過っては交通の要衝だったのでしょうね。

根羽129 根羽136 根羽136
上津具の街並み 上津具のバス停付近 大桑の民家

設楽1
コミュニティバスはこの先の下津具が始発で、上津具を経て田口に向かいます。

上津具のバス停到着は16時15分でした。
ただバスは17時37分までありません。

一寸休憩した後、バス停を3つほど歩いておくことにしました。
簀の子というバス停が3キロほど先にありますが、その付近から知生峠越えの旧道があるはずで、それを探すのも今回の目的の一つです。

なので、その先は明日の明るい日差しを待たないといけません。
大桑というバス停のそばの民家に、大根の輪切りを寒風に晒して、それを案山子が見守っていました(笑)。

根羽140

そろそろ夕闇もせまってくる車道をテクテク歩きました。
簀の子の手前では道は大きく蛇行しています。

見ると舗装された旧道の残骸があちこちに見られます。
旧道なら昔の街道の面影を少しは残しているものなのですが、この新道になっては望むべくもありませんね。

根羽142 根羽143 根羽144
大きく蛇行する新道 旧道の残骸 旧道の残骸

スノコバス停到着は17時11分。バスの時刻は17時44分です。
バス停には1軒だけ民家があり、その前に橋が架かって山に入っています。一寸入ってみましたが作業道のようでもあります。

根羽145 根羽150 根羽152
簀の子バス停 寄せ鍋で一杯 濁り酒で一杯

丁度その民家の人が仕事から帰ってこられたので、その道のことを聞くと、どこにも通じていない作業道だそうです。
また、知生峠を越える道も聞いたことが無いそうで、伊那街道は遠い昔の話のようでした。

田口の旅館に着いたのは六時を少し回っていました。すぐにお風呂に入り、冷えた身体を温めました。
後はお楽しみの夕食で、明日の道筋が見えないまま寝床に入りました。

明日の知生峠へ