裏本宮道(一の水峠越え)
2013年1月27日

紀伊半島みる観る探検隊の1日ツアーで熊野市の赤倉へ行った。裏本宮道の一部をガイドしてくれると言う。

さて裏本宮道とは何か。実は私は2009年4月29日にこの道を歩いています。
でもその時は裏本宮道とは言わず一の水峠越えと言っていました。勿論、裏本宮道も一の水峠越えも当時の正式な呼び名ではないかもしれません。
そのときの様子は熊野古道の目次から入って見てください。

もう一度その裏本宮道なる道がどこか考えてみましょう。
赤倉2

これまでの熊野古道のガイドブックには本宮道というのが載っています。
上の図で、伊勢から降ってきた旅人が右端の花の窟で浜街道と分かれて、水平に左へ、産田神社・横垣峠・風伝峠・小栗須と来て左折、峠越えで楊枝川に
出て降り、熊野川沿いの楊枝に出て、渡しで志古に渡る本宮への最短コースが本宮道と呼ばれています。

それに対して裏本宮道というのはその上の青い線の道です。熊野市の井戸町から県道34号線で北上、瀬戸で山道に入り一の水峠を越えて赤倉に到ります。
そこから丹倉を経て育生町の尾川へ下ります。ここまでは文献にも載っている道です。ここから熊野本宮へどの経路で行ったかは定かでありませんが、地形
から見ると北山川は渡らず赤木や大栗須を通って板屋で本宮道と合流したのではないかと思います。

何故こんな道があったかは定かでありませんが、多分赤倉にある丹倉神社(あかくら神社と読みます)に参詣する人が多かったのではないでしょうか?
ある程度の人が通らないと関所なんか出来ないと思うので、結構通ったと思われます。

今回のツアーではこの赤倉周辺をガイドしてもらったのでその付近の拡大図を載せます。
赤倉1

2009年に歩いたときは左欄外の尾川から大丹倉へ登り、赤倉・一の水峠・瀬戸と歩いて、最終的には熊野市駅まで歩きました。
古道は緑の線で記しましたが、その時はF-E-Dの道が解からず林道を歩きました。また一の水峠は古道で越えましたが、B-Aの道が解からず林道で
Cを経由して遠回りしました。

現在一の水峠は2011年の台風で土砂崩れが起き、林道の復旧工事中だそうです。
今回は熊野青年の家でピックアップしてもらって下の県道52号線で札立峠越えで赤倉に入りました。
札立峠付近も熊野灘が見えて絶景の峠です。

赤倉にはあまごの養殖場と民泊の施設があり、今日はそこで働いているウエノッティさんがガイドです。
まず上の図の中央、E点からF点への古道が見つかったということで、そこを案内してもらった。

赤倉006 赤倉007 赤倉013
E点 登り口です 古道の様子 灯明付きの馬頭観音

古道は谷沿いの山道ですが、以前は赤倉にも集落があり、この道沿いも棚田になっていたようです。
15分ほど登ると馬頭観音さんが祀られていました。灯明台付きの馬頭観音は初めて見ました。
もうすぐ上は林道です。

林道を少し丹倉方面に歩いて、又少し山中に分け入ると大きな岩がありました。竜だか蛇だかが吼えている姿で、山向こうの何かと争いを起こして、村に迷惑をかけているのを大丹倉の神様が仲裁したとかの民話が残っているそうですが、忘れました(笑)

赤倉019 赤倉022 赤倉025
大岩 一の水峠が見える 赤倉の山の神

あまごの里で昼食のため下りました。途中一の水峠が見えてのどかな林道歩きです。
あまご養殖場に近づくとまた大きな岩と杉の木があり、山の神として祀られていました。山の神は女性なので男性の一物が供えられています。
養殖場には去年卵からかえった幼魚や1年ものなど共食いをしないように大きさ別に水槽に入れられていました。

日当たりの良い小高い民泊の施設であまごを頂き、のんびりと昼食休憩しました。

赤倉035 赤倉003 赤倉006
炭火で焼いていた あまごの塩焼き のんびり休憩


午後は車に分乗して丹倉へ行きました。ここからまず表丹倉へ行きます。左の図を見てください。

現在地から右へ山道を30分ほど歩くと表丹倉です。
この付近の中心地である育生町から見ると、ここが良く見える岸壁のうえなので表丹倉と呼ばれています。

赤倉031
赤倉008 赤倉014
現在地の様子です 山道を登っていきます。
赤倉015 赤倉016
直進すると粉所へ行けるようですが 育生町が一望でします

表丹倉へ行く途中に一軒家があり92歳のお婆さんが一人で住んでおられます。御家族が時々見に来たり、食料や日用品を届ける人が来たりするようですが、元気なお婆さんの気を貰いました。

表丹倉からは育生町や七色貯水池、果ては大峰奥駈道の山々が見えて絶景です。

赤倉026 赤倉032 赤倉038
大台ケ原も見えているのか ここは大丹倉 大丹倉でのんびり休憩

表丹倉から引き返して、今度は左へ5分行くと大丹倉(裏丹倉)です。岸壁としては県道北山線(52号線)から見上げるとこちらの方がすごいです。
現在地の近くにも庚申さんがありました。教えてもらわないと、なかなか気付きません。

赤倉045 赤倉048 赤倉053
現在地の庚申さん 丹倉(あかくら)神社降り口 ご神体は大きな岩

赤倉068次に少し車で戻って丹倉神社へ参拝しました。朝日新聞が取り上げてから、すこしずつ知られるようになり、現在ではパワースポットとして訪れる人も多くなっているとか。

今日のツアーは、これで一応終了し、赤倉のあまごの里で解散しました。

左の写真は札立峠付近から熊野灘方面を眺めています。